二重整形などに美容整形に挑戦!【可愛くなれる治療】

気になる部分を直す

看護師

肌の美容整形の評判

美容整形に興味がある女性の3割を超える人が肌の施術を望んでいると言われています。特に「しわ」に関する美容整形の評判が高く、しわ取りや若返り、プチ整形の施術に採用されているのが「ヒアルロン酸注入」です。ヒアルロン酸は、人の体内のさまざま部分に存在する成分で、水分をたっぷりとキープする力があります。また即効性があり、高い効果が得られる点が評判です。ヒアルロン酸注入材は、日本では、並行輸入品のヒアルロン酸注入剤が使用されていますが、2014年に厚生労働省の承認を受けた製材が初めて発売されました。ヒアルロン酸は、人の体内に存在している成分なので、皮膚との馴染みがよく、注入材として安全であるとされています。また、皮膚注入材は不純物として含まれるたんぱく質の量が極めて少ないので、アレルギー反応を起こす可能性も低いのも特徴です。安全性の高い施術を行うことができる点が多くの女性から好評判となっています。顔にある「ほくろ」で悩んでいる女性も多いですよね。ほくろ除去の美容整形もQスイッチレーザー、ロングパルスレーザーなどの施術方法が高い評判を得ています。美容整形でのほくろ除去方法の中で、このレーザー治療は、傷が残らない可能性が極めて高い方法だといえます。この傷を残さないという点が、レーザー治療のもっとも大きなメリットで評判が高い理由の一つです。また、レーザーは色が濃いところに反応するため、色が濃ければ濃いほど痛みが強くなるという点もありますが、施術時だけの瞬間的な痛みであるために、表面麻酔も不要である場合がほとんどです。この痛みがあっても一瞬だけというのも嬉しいですよね。もちろん悪い評判もあります。一回のレーザー治療で完全にほくろが消えてなくなるというわけではないことです。通常は数回照射することが必要になってきます。レーザーを照射する間隔は、1~3ヶ月開けるのが目安となっているため、治療完了までの時間はどうしてもかかってしまいます。年齢を重ねていくとシミなども目立ってきますよね。シミ除去の美容整形も多くの女性が注目しています。特に評判のいい美容整形の施術はレーザーです。内服薬や外服薬を使ってシミ取りをしようとすると、数か月間はずっと服用したり塗布したりと、手間と時間がかかってしまいます。シミ取り治療で用いられるレーザーは、特定の色に反応する性質を利用して作られもの。このレーザーは黒と茶色の色素にのみ反応するため、シミの原因でメラニン色素細胞だけを破壊します。また皮膚は28日周期で新しく生まれ変わるため、即効性はありませんが、レーザー照射をするとシミの部分はやがてかさぶたになってはがれ落ち、新しい皮膚が生成されます。悪い評判では炎症後色素沈着が起こりやすいということです。炎症後色素沈着とは、シミはとれるものの、レーザーを照射することによって起こるシミ状の後遺症です。シミが濃くなったかのように見えるため、かえって悩みが深くなってしまうこともあると言われています。

傷跡の美容整形

交通事故やけがをした傷跡、手術を行った後の傷跡を目立ちにくくするために美容整形を行う方も増えてきています。施術法は傷跡の形状によってレーザー治療、切除・縫合、植皮、色素改善など様々な方法で治療します。レーザーで傷が消せないかという声も多いのですが、まずレーザーとは特殊な光が出る機械の総称で、いろいろなタイプのレーザーがあります。「外傷性刺青」といってすり傷後にアスファルト等で黒い色が皮膚に残ってしまった場合は「QスイッチNd-Yagレーザー」の適応となります。また不整(でこぼこ)な傷に対し「エルビウムレーザ」や「CO2レーザー」といった削るレーザーを使用することがありますが、レーザーを使用することで、もとの皮膚に戻るということではありません。原則は手術療法となります。評判の高い手術法がいくつかありますので見てみましょう。まず傷跡を切除し丁寧に縫合する美容整形ですが、ほとんどの傷跡修正に当てはまります。縫合した後目立ちにくくするには、真皮縫合という方法が必要で、皮下をいかにぴったり合わせるかがポイントになります。その後、表皮を段差なく丁寧に細い美容外科縫合糸で縫うことが重要です。拡大鏡を使用して縫合することもあります。次に皮膚割線にあわせるようにする美容整形ですが、交通事故の傷跡は無秩序な方向にできていることを多く見かけます。この場合、なるべく皮膚割線にあうようZ形成術という方法を用いて傷の向きを変えていく方法になるのですが、高い評判を得ています。次に通常線状の傷跡ならば、傷跡を切除し、丁寧に縫合するのですが、根性焼きのように円形の傷跡の場合、単純切除、縫合をしますと長い線状の傷跡で治癒してしまいます。そのため、このような傷跡の場合、局所皮弁といって傷跡の周囲の皮膚をローテーションさせ、向きを変えることで傷を長くすることなく目立ちにくくすることもあり、こちらも評判の高い施術法となります。

気になつ部位の治療

肌を綺麗にしたら、次は他のコンプレックスを改善したいと考える人もいるでしょう。特に目元にコンプレックスを抱えている人は多くいます。最近では、二重整形などのプチ整形をいくつか行なっている人は少なくありません。複数の治療をまとめて契約することで割り引きが適応されるクリニックもあるので問い合わせてみましょう。

Copyright© 2019 二重整形などに美容整形に挑戦!【可愛くなれる治療】 All Rights Reserved.