二重整形などに美容整形に挑戦!【可愛くなれる治療】

気軽な治療方法もある

顔に触れる女性

多くの女性が検討

胸にコンプレックスがあるという方は豊胸手術などの美容整形を考えたことがあると思います。代表的な豊胸の美容整形の施術法である「脂肪注入」の場合、自分の脂肪をバストに注入してバストを大きくするという豊胸手術法の一つで自分の脂肪を使うので、体に異物を入れることに抵抗がある人に向いている手術で評判の高い施術となります。また評判の高い理由には、とにかく自然な形で触ってもバレないバストを再現できることです。自分の太ももやおしりなどの脂肪を使ってバストアップしますので、極自然で柔らかいバストになることができます。悪い評判という意味では注入した脂肪が手術直後からだんだんと体内に吸収されていってしまうことです。美容整形後は最終的にバストの脂肪として定着するのは、全体の3割から7割だと言われています。また術後には、脂肪吸引した部位の腫れや痛みを感じることが多く、最長で2週間続くこともあります。また、抜糸や経過観察等の必要があるため、術後も何回か通院しなくてはなりません。次に豊胸の美容整形で評判の施術法に「シリコンバッグ豊胸」があります。プロテーゼ法(人工乳腺法)という人工的に作られたバッグプロテーゼをバストに挿入して、バストアップを行う豊胸手術法です。なぜ評判の美容整形かというと、他の方法とくらべて確実にバストアップが約束されることです。脂肪注入法やプチ豊胸と違って、人工物を挿入するので、増やされたボリュームが体内に吸収されることがありません。またシリコンバッグの特徴は、一度で確実にハリのある大きなバスト(2~3カップ以上)に変身することができるとういことも多くの女性から評判を得ています。悪い評判となると、形も感触も不自然で、最もバレやすい豊胸手術となるところです。さらに美容整形後に胸の痛みや、半年程度、傷が残ることもあります。また、抜糸や経過観察等が必要なため、何回か通院しなければなりません。次に豊胸の美容整形で評判の施術法に「ヒアルロン酸豊胸」があります。なぜ評判が高いのかというと、ヒアルロン酸注入法とは、メスを使わずに注射器でヒアルロン酸を注入して、バスト大きくするという豊胸手術法だからです。メスを使わずに手軽にできることから「プチ豊胸」とも呼ばれています。またヒアルロン酸注入の大きな特徴は、手軽に自然な形でバストアップできることで、プチ整形感覚で、最も入りやすい美容整形となります。悪い評判という意味では、ヒアルロン酸は元々、体内に存在する物質で、水に溶けやすい性質があります。乳房内に入れたヒアルロン酸も、実は徐々に体内に吸収されていくところが難点だと言われています。さらにヒアルロン酸が完全に吸収されずに、乳房内に残ってしまうケースがあります。その場合、ヒアルロン酸はしこりとなって残ってしまうので覚えておきましょう。二重整形や注入治療などは、プチ整形とも呼ばれ気軽に挑戦出来ますが、このようなリスクなどを考慮し、治療実績の多いクリニックや口コミでも評価が高いクリニックを選ぶようにしましょう。

Copyright© 2019 二重整形などに美容整形に挑戦!【可愛くなれる治療】 All Rights Reserved.